コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

逃避系ナンパ師

ようしさんのブログ記事「逃避系ナンパ師」



当てはまるので、肝に銘じてストするぞ



逃避系ナンパ師
逃避としてのナンパ

逃避としてのナンパをしている人が時々います。いや、時々どころではなく結構います。

逃避系ナンパ師チェック

複数のナンパ指導を受けたことがある
ナンパで結果が出せない
自己評価が低い
常に受身の姿勢
勝負事に関わりたくない
3つ以上該当すればほぼ間違いなく逃避系ナンパ師です。


逃げと焦り

ナンパを教えていると、逃避の手段としてナンパをしようとしている人が結構います。逃避系は「とりあえず結果が出れば良い(セックスできればよい)」という単純な動機を語って受講する人が多いのですが、それだけを叶えるのであれば、街に出て番ゲや連れ出しに繋がりそうな女性の見分け方を教えていったり、ひたすら声をかけてもらってトークのダメ出しをするなど実戦形式でやったほうが良いとは思うのですが、それをやって下手に結果を出してしまうとナンパから抜け出せなくなるのが目に見えているので、私は絶対にそういったナンパ講習をしません。

逃避系は口ではそれっぽいことを言いますが、話を聞くとほぼ共通して「今まで逃げてきた自分への焦り」というものを持っています。そういった方たちは無意識的にナンパに対しても逃げの姿勢なので、それを理解していもらうところから講習を始めます。

逃避系は学業や仕事でも本気を出したことが無く、本気を出している人を斜に構えて見るか、「自分はああはなれない」と一線を引いてしまうか、どちらかに偏っています。そういったネガティブな姿勢のままでは、自身の焦る気持ちの解消にもつながらないし、ひいてはナンパの結果にもつながらないと私は考えています。ですので、下手にナンパで結果を出してしまうと、「ナンパができるから」とナンパが人生全体の逃避先になる可能性が高く、根本的な解決ができないまま、泥沼にはまっていくような気がしてならないのです。

またこういった逃避系は複数のナンパ指導を受けている可能性が大です。コンプレックスをぶつけたナンパを繰り返し、自分がしていることが何かを理解しないまま、結果が出ないことを嘆き、ナンパ講師に頼ることで逃避しようとします。そしてナンパを習って結果がでなければ、心の奥底で講師の責任にすることで、結果からも逃避しようとします。本当にナンパが上手い人は誰にも習っていないという現実を知っているのかどうかは知りませんが、自分で自分の実力を磨くのではなく、他人に頼って自分を磨こうとしている姿勢なので、得られるものというのは結局、剥がれやすいメッキだけなのです。

ちなみにそういった人たちは高額のセミナーに参加することを厭いません。お金を払うことで逃避を行なっているので、お金を払った時点で満足しているのです。多分セミナー参加時に配布された教科書も一回読んで放置状態でしょう。実際に教科書に載っていることを試し、試行錯誤して自分の血や肉にするところまでモチベーションが保たないのです。

では、そんな逃避系ナンパ師に対して私がどんな講習をしているのかというと、徹底的に追い詰めるような講習を行っています。一つ例を挙げると、講習生から質問があった時はほぼノータイム答えるようにしています。本来であれば少しぐらい考える姿勢を見せて優しさを演出するところですが、もっともっと焦ってもらう必要があるので、徹底的に追い詰めます。すると大抵「自分は先生ほど頭が良くないから」といった台詞でまた逃避しだすので、そこでも「ノータイムで答えられるのは頭が良いからではありません。なぜだか分かりますか?」と考えてもらいます。正解は単純で「既に悩んだから考えずに答えられる」なのですが、ここまで自力で考えることが出来ないのが逃避系です。「自分は頭が悪いから」といった逃げ道を作って現実を直視しないようにする癖がついているのです。

焦ってもらうというのは重要です。冒頭に「今まで逃げてきた自分への焦り」と書きましたが、この焦りが中途半端だからこそ、逃げてしまうのです。つまり「焦り」というレベルではなく「危機感」というレベルまで持って行かないと、変わらないのです。焦りから危機感に変わる要素として、「敗北」とか「将来への不安」とかいろんな要素が考えられますが、時間も講習時間も限られていますので、基本的には「敗北」を味わってもらうようにしています。そしてかすかな将来への不安をいだいてもらうように工夫しています。

自分で悩んで実行して解決するという工程は人生にいくらでもあるはずなのですが、逃避系は基本逃げてきているので、悩んで実行して解決するという手順を重ねるとどうなるのかを想像できないのです。なので逃避系の人たちはナンパなんてする前に、与えられた仕事のPDCAのサイクルをグルグルと回したほうが結果的にナンパも上達するはずなんです。それは中長期的なことを言っているのではなく、逃避系がこじれていればこじれているほど短期間で成果が現れるはずです。

「毎日決められた仕事をしているからそれ以上仕事でやることなんて無い。今日も100%の仕事ができた!」と言える人も正にそうで、だったらその仕事がもっと効率的に出来るようになるにはどうすればよいかとか、どうしたら歩留まりを上げるかなど、改善の余地なんていくらでもあるはずです。与えられた仕事はできるようになって当然で、それ以上に何が出来るかが本当の仕事のはずです。

女性をナメるな

逃げの姿勢でナンパをしていることはナンパ講習の最初の数分で気がつくので、ナンパをして女性に気が付かれないわけがないということを知っておいたほうが良いです。良い女性ほど気がつくのも早いので、逃避系ナンパ師が落とせる女性なんてたかが知れているわけです。いかに多くのPDCAを回して結果を出したか。そしてその結果が自信への自己評価を高め自信につながり、男としての魅力も高まるのではないかということです。なので、逃避した状態で女性を落とそうとしているのは女性を軽視している証拠でもあるのです。
コンテントヘッダー

ナンパで話すこと

またまたくろね子さんの記事が良かったので紹介
※自分が勉強になるから紹介してるだけだけど、、、



声をかけた後、何を話すか
-----------------------------------------------------------
「すいません!」



女の子に声をかけた。






その後、どんなことを話せばいいか、

ということについて、書いてみようと思う。




これは、あくまで僕の場合なので、

唯一絶対の正解ではないし、

むしろ正解なんてないと思うけど、参考までに。





初心者の方にありがちなのは、

とにかく質問攻めになってしまうこと。




今何してたの?
仕事は?
職場どこ?
休みはいつ?
家どこ?
地元は?





こんな感じで、1問1答というか、職質みたいになってしまうパターン。


こんなに色々訊かれたら、女の子の側も警戒するだろうし、

ナンパしてる方も、話してて楽しくないと思う。



こういう話をするのなら、1個1個のトピックについて、

もっと話を広げていく必要がある。




緊張して、女の子と話すだけでいっぱいいっぱいになっていると、


相手の返答を拾って、話を広げる、ってことができなくて、


ただ、会話が途切れないようにすることだけを考えてしまい、


上記のような、質問攻めになってしまいやすい。





だから、まずはその緊張を解くことが不可欠。


その上で。







何で会話するのか、というところを考えてみて欲しい。



相手の個人情報を聞き出すのが目的ではない。


それは、会話をしていく中で、

お互い自然に分かっていけば良い事だと思う。






ノーマルな準即狙いのナンパで言えば、



次に繋げるためには、

バンゲをするか、連れ出すか、


声をかけた以上は、どちらかが目標となる。





じゃあ、女の子が、

見ず知らずの相手に、連絡先を教える、というのは、

どういうときだろうか?






ここで必要なのは、ラポールを築くこと。


個人情報や、名前すらも、はじめは知らなくていい。


お互いの名前は、LINEなら、交換するときに分かる。


個人情報も、話を膨らませるためのネタに過ぎない。





簡単にラポールを築く方法のひとつは、


「共通点を見つけること」


だと思う。





僕は、話しかけて、相手が話を聞く態勢になったら、


自分の趣味とか、好きなことの話をする。


(この部分でのネタをつくるために、講習依頼のメールには趣味や好きなことを予め記載してもらっています)




音楽、小説、ファッション、カフェ、猫、、、




僕の場合は、そういった話を振っている。

全部、自分の好きなことだから、

いくらでも話すネタがある。




話の流れなんて関係ない。

1個投げてみて、反応があれば、その話を掘り下げていく。

反応がなければ、すぐ次の話題にいく。


僕「音楽とか聴きますか?」
女の子「いえ、あんまり詳しくないです」
僕「そっか。じゃあ小説とか読みます?」
女の子「あ、はい。少しなら。」
僕「村上春樹の新刊読みました?多崎つくる。」




こうして、相手の好みを探るとともに、


共有できる話題を探していく。




手持ちのネタを全部投げても、

全くヒットするものがない場合は、




・そんな女の子と飲みに行ってもつまらないから、さっさと切り上げる


・とりあえずバンゲ打診してみる


・わけわからないことを話す


といったところか。





結局、ナンパした初対面の女の子と話すことなんてそんなにないし、

話す内容なんて何でもいいとは思う。



でも、「何でもいい」じゃ答えになっていないので、



一応の回答として、


「自分の好きなことを話して、共通項を見つける」


ということを書いてみました。



自分の好きなことなら、自信を持って話せるし、

話題も尽きにくいというメリットがあります。





書いてて思い出したけど、


ナンパ師の話してる内容なんて、概して言えば、


みんな似たり寄ったりで、大した中身はないと思う。





「言語の9割は非言語」なんて言われているように、


会話してる中身自体にはそこまで意味はなくて、



結局、話し方、声のトーン、話してる人自身(の見た目)


というのが、大きな割合を占めている。



そういう意味では、

話の中身自体はどうでもいいということになる。



「何を話そうかな?」

と考えるのではなく、



何も考えないで、頭を空っぽにして声をかけて、

自分の心に思い浮かんだことを言ってみる、


というのも、面白いと思う。



考えすぎないのが一番。ケセラセラ。




という、実用性0のTIPSでしたw
コンテントヘッダー

粘りについて

くろね子さんの日記に「粘り」について
いいことが書いてあったのでご紹介


前に統主さんに教えてもらったけどすっかり忘れてました、、
※実践も出来ていないけど










ナンパにおける強引さの重要性
-----------------------------------------------------------
タイトルは大袈裟になってしまったけど、

ちょっと思うところがあって、

今後、少しずつ、こういった形で、

ナンパマニュアルみたいなものを書いてみようと思う。







「営業は断られてからが勝負」




なんて言葉があるように、




ナンパも、断られてからが勝負だと思います。






というか、声をかけたら、大抵の女性は一旦拒絶してきます。






「女性は拒絶する生き物」




なんて言葉が、モテ本なんかには書いてありますが、




声をかけたら、大抵の女性は、


こんなことを言ってくるんじゃないでしょうか。







「(無視)」

「いや、ちょっと」

「大丈夫です」

「これから用事あるんで」

「待ち合わせなんで」

「急いでるんで」

「帰るんで」

「彼氏いるんで」








皆さんも耳タコになっているであろう、


いわゆる「グダ」です。







ここで、相手の言葉を真に受けて、



「あぁ・・そうですか・・すいません・・・」




と引き下がってしまうナンパ師の多いこと多いこと!!




ナンパにおいては、相手の言葉を信用しちゃいけないと思います。



女性は、ナンパされたら、反射的に拒絶してしまうことが多いようです。




で、暫く経ったあと、ツイッターで





「さっき渋谷でナンパされたょ。ナンパマヂうざぃ。」
(和訳:あたしナンパされるほどかわいいけど、軽くないから無視してやったの~♪)


とか


「さっきナンパしてきた奴イケメンだったな・・・お茶くらいしてもよかったけど、なんか断っちゃった・・・」




とか、ツイートするわけですね。



おい、ふざけんじゃねえぞ。







なので、こういうよくある断り文句は真に受けないで、



切り返しの言葉を用意しておくか、


スルーして話を続けるなどして、



粘らなきゃダメです。


無理やりでもいいから、話を続けるのです。





僕は、ナンパと言うものは、ある程度強引さが必要というか、

無理やりにでも会話を続けたり、


多少強引にキスでもしないと、


成立しないものだと思っています。

※レイプはダメ、ゼッタイ





たまに、

「すいません」

「お姉さんのこと、すごいタイプです。連絡先教えてください」

等と言ったら、


すぐに教えてくれるような女性もいますが、

全体からすれば極少数だし、

そういうバンゲは繋がりにくいです。





「粘る」っていう習慣があるかないか、

これだけで、結果は大きく変わってきます。



どういう場合に、どこまで粘るか、

という具体的な判断は難しいところですが、


急に足早になって逃げたり、

何を言っても、「大丈夫です」×10 しか言わない、

というような場合でなければ、



粘り強く会話しないとダメです。






以上、ナンパ初級者向けの記事でした。
コンテントヘッダー

相手をよくみることの大切さ

相手をよくみることは本当に大切だと思います。


参考記事



コチラがその内容
-----------------------------------------------------------
今日は『声かけ』のコツをひとつ♪

コレは、持論(自論)ですが、

勝負は声かけ前に決まっている!

初心者の方は、

・どうやって声かけをしようか?
・何を話ししようか? 
・どのタイミングでバンゲしようか?

などで必死に頭を悩ませて言いますが、オレに言わせれば、こういった点ばかりに気を使っている

人は、おそらく成功率の低いスト師ではないか。と、思います。

では、どんなスト師が効率よくストっているのか?

『女の子をよく観察しているスト師』

これがいわゆる凄腕なのではないでしょうか?

できる人は、例外なく女の子に合わせて話をしています。

しかし、そのスト師は自分のマニュアルは一切変えていません。

↑ ここかポイントです ↑

重要なのはどんなトークをするか? ではないのです。

それはどういったことか? については講習ではしっかり話しをしていますが、

重要なのは自分ではなく相手(女の子)だ。ってこと。

自分に集中するのではなく女の子に集中することです。

具体的に言うと、

『顔・服・体系・身長・歩き方・歩く速度・荷物・目線・しぐさ・話し方(女の子の)話す速度
年齢・目的・反応・感情』(まだいっぱいありますが・・・・)

そういったことを意識的・無意識的に細心の集中をしているはずです。

少なくともオレは上記について必死に気づくように、気づけるようにがんばっているつもりです。
コンテントヘッダー

れんこんさんのブログ

この記事、すごい試してみたい



れんこんさんのブログ
-----------------------------------------------------------
人は笑うことで自動的に相手に好意を抱きます。


女の子に好かれたければ、笑わせるのがとても有効な手段です。



でも、どうやって笑わせたらいいかって?
OK、テクニックは何個もありますが、少しだけピックアップして教えましょう。




あ、その前に。

ここで紹介するのは「女の子を笑いに導く手法」です。
「面白いことを言う手法」ではありません。

ここ、すごく重要です。
その2つは、全然違うことなんで理解してください。

女の子を笑いに導くためには、面白いことを言う必要はありません。

何故か知らないけれど、女の子は面白いことではそんなに笑いません。

くだらなくてつまんないけれど面白そうな雰囲気を持ったこと、に笑います。


女の子を笑わせるには面白いことを言う必要はないのです。
ここ、重要なので2回言いました。


極端なことを言うと、笑いの動機は何でもいいです。
面白いから笑うという正攻法でもいいですが、それ以外でもOKです。
照れ笑いでも、愛想笑いでも、困ったときの笑いでもいいです。
苦笑いでも全然OKです!

人はどんな感情であれ「笑う」という事をした後は相手のことを自動的に好きになります。
笑いの種類は重要ではありません。

笑うという事実のみが重要です。





そこを理解してから、今から紹介する手法をご覧ください。
この手法で面白そうな雰囲気を演出し、女の子を笑わせてみましょう。






1.数字を大きくする
会話の中で出てくる数字をとにかく極端に大きくしてください。
大きくする数字は100万とか1億とかでもいいんですが、もうちょっと中途半端に大きくすると効果的です。

【使用例】
れ:どこに住んでるんですか?
女:***です。
れ:まじで!?***ってめっちゃ遠くないですか?めっちゃ時間かかりますよね。ここまでくるのにどれくらいかかるの?8万年くらい?


女:今からサークルの飲み会です。
れ:そうなんだ!いいなぁ、でかいサークルなん??
女:結構おおきいですよ。
れ:へぇーそれだったら賑やかそうだね。集まるのは7兆人くらい?






2.極端に褒める
女性と対峙するときに褒めることは有効なコミュニケーションですが、笑いを誘うには極端に褒めてあげましょう。
普段聞きなれないほどに極端に褒めるということは、「ウソでしょ」という笑いや照れ笑いを引き出します。

【使用例】
れ:めっちゃ目力ありますね。
女:ありがとうございます。
れ:もしかして、もしかしてさ、俺の勘違いかも知れないんだけど、俺その目力で左半身から石になりかけてない?


れ:めっちゃオサレなコート着てますね。
女:ありがとうございます。
れ:どんだけオシャレなんすか!まじでキラキラだわー。ホント、U田に現れた天使ですね。





3.場所を彼方に飛ばす
会話の中に場所が出てきそうならチャンスです。
場所を思いっきり見当違いで遠くの場所に飛ばしましょう。
ちょっと高等技術かもしれませんが、場所を考える「フリ」を振っておいてあげるとより良いでしょう。

【使用例】
れ:これからどこ行くんですか?
女:仕事です。
れ:このあたりなんですか?
女:違います。
れ:えー、じゃあ・・・、ごめん、ちょっと考えますね。君みたいにカチっとした雰囲気だと・・・、職場は・・・、国会議事堂ですか?


れ:***ちゃんはこのへんの出身なの?
女:違います。地元このあたりじゃないんですよー
れ:えー、どこだろ。色白いからーもしかして、出身は・・・、北極圏?






4.語尾に「ナントカ」をつける
面白みのない会話でも一ひねりすれば笑いを誘いやすくなります。
何気ない普通の会話(会話の返しが予想できるような問いだとベストです)に、いきなりこれを使ってやりましょう。「それって***しかないし!」って突っ込みが期待できます。

【使用例】
れ:***ちゃんは誰かに似てるよね。誰に似てるって言われる?
女:誰にも似てるって言われないよ。
れ:いや、あの人に似てる。ちょっと待って、ここまで出てる。めっちゃモヤモヤする。半分は分かるんだけど。ほら、あの、加藤ローナントカ!


れ:そんなオシャレしてどこ行くの?
女:女子会です。
れ:うわーめっちゃいいなぁ。どうせそんなオサレな子が沢山集まるんやろ?んで、オサレなものを食べるんでしょ?何食べるん!?言ってみ!チーズフォンナニを食べるん!?





5.擬音を使う
擬音を使いましょう。できればかわいい響きの擬音がいいです。
緊張感のあるようなコエカケて間もない時期にはその可愛い擬音の響きでほっこり笑わせてあげましょう。

【使用例】
れ:爽やかに歩いてますね。
女:そうですか。
れ:めっちゃさわやかですよー、爽やかすぎてこの町中がミントの香りでポワワワーンと包まれてますよ。


れ:そこで見かけたんですけど。
女:はい。
れ:めっちゃ素敵な笑顔だなって思って!だから思わず声掛けちゃいました。めっちゃキラキラピッカーンて笑顔だったから!






こんなところです。

どうです?

大して面白くないでしょう?笑

でも、これくらいで女の子は簡単に笑ってくれます。



他にも手法は沢山あります。
反響が良かったらもっと書くかも知れません。


きっと僕も意識していないものもあると思うので、もしいい手法があればコメント欄なりtwitterなりで共有しましょう!




世のコミュニケーションにもっと笑いを!
プロフィール

ケンタ

Author:ケンタ
都内で活動中の超初心者です。
アラサーの普通の会社員です。


自己紹介記事はコチラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。